チームラボボーダレス

東京・お台場のチームラボボーダレスに行ってみたら、異次元の美しさだった

こんにちは! ねこです。

今回は以前から興味のあったチームラボボーダレスに行ってみたいと思います。

チームラボの映像と環境を融合した芸術作品は、日本はおろか、海外でも結構話題になっていたりしますよね。

もう行った人も、今から行くことを検討しているひとも、是非この記事を読んで思い出したり、行く前の予習をしたりしてください。

境界のない1つの世界の中で、さまよい、探索し、発見する

チームラボボーダレスとは、東京、お台場にある常設展示のアートミュージアムです。

チームラボは、様々なスペシャリストが集まったデジタルアートチームです。

他のアートチームと違ったところは、話題になったプロジェクションマッピングを、インタラクティブな映像作品にしたことです。

アート作品が現実と干渉し、自身も作品の一部になれる感覚は、私たちが他のミュージアムでは絶対にできない体験だったのです。

チームラボという名は一躍有名になりました。

そして、ボーダレスというコンセプトで生み出された本施設は、オープン3ヶ月ちょっとで、累計入場者数100万人を超えました。

そして、TIME誌の「World’s Greatest Places 2019(世界で最も素晴らしい場所 2019年度版)」に選ばれるなど、世界でも注目を浴びています。

10,000㎡ という広大なフロアを、5感を研ぎ澄ませ、まさに自ら探検・発見することができる、体感型のアートミュージアムになっています。

お台場パレットタウンへ

場所は、りんかい線 東京テレポート駅か、ゆりかもめ 青海駅が最寄りになります。

お台場パレットタウンには、観覧車を目指して歩くのがいいと思います。ちょうど観覧車の乗り場の近くに、チームラボボーダレスの入り口があります。

天候は、少し雪が混じる雨でしたが、ミュージアム前は大混雑です。

チームラボボーダレス入り口 パレットタウン観覧車下

お客さんは、結構海外からの旅行者と思われるグループも多く、観光地としての話題性もかなり高いことが伺われます。

チームラボボーダレス 入り口

早速ミュージアム内に入ると、目の前には3つの分かれ道が現れます。このミュージアムには順路と呼べるものはありませんので、ここから自由にみたいものを探しにいけます。

真っ暗な空間を抜けていくと、そこには、一面の花と蝶がフロア中を駆け巡り、私たちを迎え入れてくれました。

チームラボボーダレス 作品 花と蝶

その蝶たちは、触ると止まったり、払い落とせたりするなど、触れることで様々なリアクションを取ってくれます。

ミュージアム内のところどころに、名前のついたアート作品(フロア)が存在していて、様々なコンセプトの世界観を味わうことができます。

チームラボボーダレス 作品 水墨画

例えば、まるで睡蓮の中を、光の風が通って行っているような感じの中を散策したり。

このフロアでは、光の粒子が体を通り過ぎていくかのような、不思議な感覚を得られます。

チームラボボーダレス 作品 LED

中には、文字通り体を動かせるアクティビティも存在します。

こちらのフロアにある、水槽の中にいる生き物たちは、来館者が描いたものです。近くには制作可能なスペースも存在しています。

チームラボボーダレス みんなのイラスト

そこで、試しに私もひとつ描いてみました。

ねこのイラスト

これを近くのスタッフにお渡しして読み込んでもらうと … 。なんと、私が描いた生き物が海の中を泳ぎはじめました。ちょっと感動です。

ねこのイラストが泳ぐ様子

すごく楽しかった、しかし …

チームラボボーダレス 作品 バルーン

チームラボボーダレスに行ってみた感想ですが、新感覚でした。これにつきるのではと思います。

やはり能動的に探検し、アートとコミュニケーションがとれるので、普通のミュージアムにない、新しい楽しさを体験させてもらえます。

場所によっては、空間の存在感や平衡感覚をいい意味で吹き飛ばしてくれる場所もあり、本当に文字通り全身でアートを感じさせてもらえました。

しかし、休日のお昼頃に行ってしまったため、大変混雑していたのが残念でした。

写真で有名なランプの森などは、待ち時間が50分になるなど、フロアによっては長時間待つ場所も存在していました。

ですので、私は当日見れないアートが複数できてしまい、それが心残りになっています。

また、作品に近づいたときに、色々なリアクションを見せてくれるんですが、それが人が多いことで、それらの反応がわかりづらくなってしまっています。

もし可能でしたら、混雑しない日時や時間を選んだほうがいいと思います。

ちょっとチームラボの種明かしをしてみました。

関連記事

こんにちは! ねこです。チームラボの映像作品、実際にみた方はわかると思うんですが、本当にきれいだし、エンタメとしても面白いんですよね。実際のところ、内側ではどのようになっているのかって、ちょっと気になりませんか?そ[…]

チームラボ作品の作り方

近くには、他にも遊べるところが盛り沢山。

関連記事

こんにちは! ねこです。みなさんは、東京・お台場にある メガウェブ トヨタ シティ ショウケース というテーマパークをご存知でしょうか?こちらは、トヨタ自動車が運営母体の車に関するテーマパークとなっていまして、館内では最新[…]

メガウェブ ヒストリーガレージ 入り口
関連記事

※ 今回、「うんこ」というワードが記事の至る所に出てきます。気持ち悪くなる可能性がありますので、食事中の閲覧は控え、気分が悪くなったら直ちにブラウザバックを行ってください。大人になって失った物を取り戻すためにこんにちは! […]

うんこミュージアム東京 うんこネオン
関連記事

こんにちは! ねこです。小さな男の子だけではなく、大きな男の子、女の子たちも夢中になるガンダム。そのガンダムのプラモデル、ガンプラを全身全霊楽しめる場所ができたと聞きましたので、今回は東京、お台場にあるガンダムベースに行っ[…]

ガンダムベース東京 ガンダム神社

お問い合わせ・アクセス

チケットは、混み合う可能性も高いですので、当日までにはチケットを購入しておくのがお勧めです。

ちなみに前売り券の販売が完了してしまった場合は、当日券は販売されないそうですので、ご注意ください。

チームラボボーダレス

https://borderless.teamlab.art/jp/

住所

東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン 2階

アクセス

チームラボボーダレスのエントランスは、パレットタウン2階の大観覧車乗り場の横です。パレットタウン2階から「メガウェブ」の中を通り抜け、大観覧車の方向に向かってください。

開館時間

平日: 10:00-19:00
土日祝: 10:00-21:00

休日

第2・第4火曜日

チームラボボーダレス
最新情報をチェックしよう!