本屋に行くとトイレがしたくなる現象

[あるあるネタ] 「本屋に行ったらうんこがしたくなる」みたいなやつ 5 選

こんにちは! ねこです。

本屋に行ったらうんこがしたくなる現象

突然ですが、本屋に行ったらうんこがしたくなったことありますか?

私は、あります 笑。

ちなみに、これには現象名がついていまして、「青木まりこ現象」と呼ばれています。

なぜ「青木まりこ現象」と呼ばれるのでしょうか?

実は、この現象が話題となったのが、ある雑誌に寄せられた読者の投稿からでした。

その投稿者の名前が「青木まりこ」だったことに由来します。

ちなみに、そう呼ばれてる事について、本人は、全く気にしていないそうですね。

なぜ、本屋にいくと便意をもよおすのかについて、現在でも明確な答えはありません。

本屋のインクの匂いが、人を安心させるから。とか、色々な憶測はありますが … 。

関連記事

※ この記事では、うんこという言葉が、合計 47 回表示されます。そのため、食前、食後などの閲覧を控え、気分が悪くなりましたら、ただちにブラウザバックをし、医師の診査を受けるなどしてください。こんにちは! ねこです。みんな大好[…]

ソクラテス「UNKO?」

そんな、不思議なあるある現象をまとめてみました。

あるある現象 その1

文字をみてると、「あれ? これってこんな文字だったっけ」と思うやつ

「借」の漢字を30秒み続けてください。

ゲシュタルト崩壊

同じ文字(ひらがな、漢字)を見続けたときに、「あれ? この漢字ってこんなだったっけ?」と思うことはありませんでしょうか?

見続けているうちに、文字が、意味のない、直線や曲線の集まりにのように見えてしまう。あれです。

これは、ゲシュタルト崩壊と呼ばれるものです。

同じものを見続けると、全体のまとまりとして認識できなくなり、バラバラのパーツとして認識をされ直してしまうために起こる現象です。

丸や四角など、幾何学な図形が多様されているものだと、なりやすいみたいですね。

ちなみに崩壊しやすい漢字というのもあります。下に一覧を表示しますので、是非楽しんでください(?)。

借 多 野 今 粉 若 を 丈 ル

あるある現象 その2

これをやっちゃだめ! と、言われたことに限ってやってみたくなるやつ

カリギュラ効果

私たちは、ちゃんとした社会生活を営むため、様々なルールを守って生活しています。

しかし、やってはいけないと言われると、その結果、自身が不利益を被るとしても、やってみたくなる時ってたまにありませんか。

むかし、私の実家の洗濯機に「洗濯槽に手を入れてはいけない」という注意書きが書かれてあり、子供のころの私は、ずっと手を入れてみたい欲求がありました 笑。

例えば、あなたも、こういうこと思ったことあるんじゃないでしょうか。

  • 電車や車の「挟まると危険」と書かれてある場所に手をおきたくなる
  • 駅のホームで黄色い線を超えて歩きたくなる
  • 未成年だとしてはいけないことを、してみたくなる
  • 結果を知ってるのに、電子レンジでゆで卵を作りたくなる

カリギュラ効果

このように、何かを禁止されると、逆に興味をもってしまって、結果、逆の行動に走ってしまう現象を「カリギュラ効果」といいます。

カリギュラ効果の語源ですが、1980年にアメリカで公開された「カリギュラ」という映画が元になっています。

この「カリギュラ」という映画、あまりに過激な描写が多く、ある都市では公開を禁止されてしまいました。

しかし、そのことが逆に大衆の興味を引きつけてしまい、結果、映画は大ヒットしてまったそうです。

映画 楽しむ

このカリギュラ効果は、マーケティングにも生かされているケースもあります。

例えば、「簡単に痩せないと思っている人は見ないでください」と、広告に書かれていると、内容が気になり、逆に見たくなったりしませんか?

こちら、良いことに使われるなら問題ないですが、もちろん、悪用もできます。

ですので、実際に興味をそそられた時、「これは、カリギュラ効果だな」と、思い出せるようにしておくと良いですね。

あるある現象 その3

すごく忙しいときに限って、部屋の掃除など、全く関係ないことをしてしまうやつ

セルフ・ハンディキャッピング

生きていると、猫の手も欲しいくらいに忙しかったり、ピンチだったりするときが、たまにあると思います。

しかし、そのときに限って、以下のようなことをしたくなりませんか?

  • テスト勉強しないとヤバいのに、ゲームや SNS 投稿したり、Youtube をみてしまう。
  • 期限が迫っているときに限って、掃除を始めてしまう。
  • 仕事で、早急に対応しなければならないものを、後回しにしてしまう。

セルフ・ハンディキャッピング

この現象は「セルフ・ハンディキャッピング」と呼ばれています。

これは、心理的に、自信のないときに起こるそうです。

なぜ起こるのかというと、現在の状態から、さらにハンデキャップを負うことで、失敗しても、ちゃんと言い訳が出来るし、最高したら、こんなハンデで出来た自分すげー。と、自身に思い込ませられるからです。

ですので、なんで、私はできないんだろう、と、思っている方、安心してください。みんなそうです 笑。

しかし、どう客観的に見ても、後回しにするメリットは一切ないので、改善できるならしていった方がいいでしょうね。

あるある現象 その4

そんなにお金を使う気はなかったのに、ソシャゲで欲しいキャラが出るまでガチャを引き続けちゃうやつ

ガチャを引き続ける男性

これは、ソシャゲあるあるかと思います。

欲しいキャラがいてガチャを始めたとき、最初はいくらまで、と決めてたとしても、つい引き続けてしまう人、けっこういますよね。

他にも、例えばこういうことってないでしょうか?

  • パチンコ、パチスロで、あともう少しやれば当たるのではないかと思い、ずるずると続けてしまう。
  • 当たりくじで、次は当たるかもしれないと、買い続けてしまう。
  • 株、FX などで、保持しているものが、長期的に上がる材料がないのに、持ち続けたりナンピンしたりしてしまう。

コンコルド効果

途中で中止してしまうと、今までの投資が無駄になると考えてしまうため、投資がやめられなくなる。これらの名称を「コンコルド効果」といいます。

コンコルドはご存知でしょうか?

コンコルドとは、イギリスとフランスで共同開発していた、超音速旅客機の名前です。通常の成層圏に達する高度を、マッハ 2.2 で飛行していたとされています。

では、なぜ、そんなすごい飛行機が、このような不名誉な使われ方をされてしまうのでしょうか。

実は、このコンコルド、あまりに高コストで採算が取れないため、失敗されるという予測が就航前からすでに上がっていました。

しかし、今までに投資した資金を無駄にしたくないと考え、計画を中止できずに、大きく傷口を広げてしまったという経緯があります。

そのため、これをコンコルド効果と呼ぶようになったのです。

ですので、こういうことがあったときには、いったん冷静になって、損失を広げないことが大切なのかもしれません。

あるある現象 その5

最近そんなに連絡をとってない友人を思い出していたら、ちょうどその人から連絡がくるやつ

シンクロニシティ

たまに、第六感か? と、びっくりするようなことがありますよね。

あとで考えても、偶然で片付けるには、タイミングが良すぎることとか。ちょっとした奇跡としか考えられないこととか。

いわゆる、虫の知らせみたいなものでしょうか。

あなたにも、当てはまることはあると思います。

  • 遠くにいる身内を気にかけてたら、ちょうどその人の身辺にすごいことが起きていた。
  • 何かで大きく困っていたときに、ちょうど解決に繋がるようなことを違う人が持ってきた。

シンクロニシティ

「シンクロニシティ」というのは、心理学者のユングが提唱した概念で、「意味がある偶然の一致」ということを指します。

関係が深い人の集合的無意識に、誰かがなんらかの働きかけを行った結果、偶然の一致が起こるのではという考えです。

具体的な証明は難しい分野ですが、こういうことがあると思った方が、なんでも偶然で片付けてしまうより、私は好きです。

最後に

色々なあるあるをまとめてみましたが、こういうのって知ると面白いですよね。

また、知識としてこれらを知っておくことで、自身を客観的にみれるようになれそうです。

是非、活用してみてください。

ねこ
ねこ
例えば、ブログを書かなきゃいけない時に限って、YouTube を見はじめたら、「あ、これはセルフ・ハンディキャップだ」とか 笑 … 。

本屋に行くとトイレがしたくなる現象
最新情報をチェックしよう!